2022/06/12ある日、少女が接客のアルバイトをしていた時のこと。

悪い男性客がいた。
彼はよく彼女のことを呼び、他愛もない話の相手をしていた。

彼女の脳には小さな腫瘍があった。はじめはとても進行の遅い良性の腫瘍だった。
だがその男性客が吸っていたタバコに、ガン細胞の成長を促す違法な成分が含まれていた。
それの副流煙とストレスが遠因となり、腫瘍の進行は急速に早まってしまう。
やがて彼女の脳腫瘍は悪性のものとなってしまった。
あの客さえいなければ、こうはならなかったのに――。
その腫瘍は気づかぬうちにグレード4…末期となっており、彼女は突如学校で倒れてしまう。
彼女の余命はもってあと1年と医者に宣告されてしまうのだった。

She was working part-time in customer service.
There was this one customer with a bad attitude.
He would often come in for no other reason than to run his mouth.

There was a small tumor in her brain. It was a benign, slow-growing tumor.
However, the cigarettes the customer smoked contained an illegal carcinogen that promoted the growth of cancer cells.
The second-hand smoke and stress caused the tumor to progress rapidly.
Eventually, her brain tumor became malignant.
If only things had been a little different, this wouldn't have happened…
Before she knew it, the tumor had reached Grade 4, the worst stage. She suddenly collapsed at school.
The doctor gave her one year to live.